検索
  • wataiyuta

2人の男性で迷ったら未来の生活を想像しよう。

こんにちは。


当相談所ではご入会後、お見合いを組みます。

基本的に2名の異性の方とご連絡を取っていただき、3ヵ月を目途に結婚相手をお選びいただき真剣交際に進んでいただきます。


この間女性会員の方から、どちらの男性も素晴らしい方で選びきれないとご相談を受けました。

将来ともに過ごす相手を3ヵ月で決めるのはとても難しいことであると思いますが、結婚はタイミングです。相手のことを知れば知るほど結婚に踏み切れない場合もあります。勢いよく結婚を決めればあとは結婚生活を送るだけです。今まで結婚できなかった方は相手だけではなく少なからずご自身にも原因があるはずです。悩んでいても始まりません。


この方のケースでいえば、男性AさんとBさんと仮交際を進めていました。

Aさんは警察官です。年収550万です。

Bさんは会社員です。年収430万です。

どちらも新卒より今の会社に勤めており札幌在住です。

女性会員Cさんは保育士、年収330万です。

皆さんはCさんの気持ちになって考えてみてください。

どちらの男性を選びますか。

性格や容姿を無視してお考え下さい。


まずAさんとの未来を考えましょう。

警察官は地方公務員です。

年齢とともに年収も上がっていき、退職金も弾みます。

しかし警察官は転勤があります。北海道であれば地域は全道各地。

もし結婚後転勤が決まれば、それについていく必要があります。

子供を望むのであれば札幌にいる間にできれば産休・育休が取得できます。

転勤後になればそれは転職後になります。12か月以上雇用保険に加入していなければ支給対象外になります。またパートになれば収入は扶養の範囲内の130万以下が一般的になります。世帯年収は680万です。


次にBさんとの未来を考えます。

Bさんは会社員ですが、転勤はありません。

結婚後も今の生活を続けることができますので、女性側の収入が落ちることはありません。

子供はいつできても産休・育休に入ることができます。

単純計算で世帯年収は760万。

また札幌という住み慣れた土地に住むことができます。


一見Aさんの公務員という肩書がよく見えます。

しかし結婚は協力関係を築くことです。

自分がどういう暮らしをしていきたいかが一番重要です。

もちろん選ぶのは本人です。

家庭に入り夫を支えていきたいと考える女性もいます。

また自分も社会でバリバリキャリアを積んでいきたいと考える女性もいます。

個人的には離婚も多いこの世の中はやはり手に職をつけて、キャリアを積んだ方が安定した将来を築くことができると思います。


まずはLINEからのご相談をお待ちしております。


10回の閲覧0件のコメント