検索
  • wataiyuta

専業主婦になるための3つの条件

こんにちは。


子供のころに夢を書いて教室に張り出す授業がありました。

そこで将来はお嫁さんになりたいと書いてる女の子が複数いたのを覚えていますが、今お嫁さんになりたいという考えを持った方は少なくなったように思います。


たくさんの職業が溢れた令和の世の中に、結婚して育児をしながら働いている女性はどのくらいいらっしゃると思いますか。

去年の調べでは約31%、20-64歳の女性ではおよそ25%、4人に1人が正社員やパートをして働いています。


世の中の風潮では専業主婦になりたい女性は、働かない・怠慢な女性とみられることも多くなってきました。

しかし多種多様な生き方が許されている現代では私は専業主婦になりたいというのも一つの夢として応援できると思います。


では専業主婦になるためにはどうすればよいでしょう。


専業主婦になるための外せない3つの条件


1、夫の年収が500万以上

大前提として夫の年収は多ければ多いほど良いですが、最低500万以上ないと普通の暮らしをすることは難しいでしょう。しかし結婚してからも夫の年収を知らない妻は多いと思います。付き合っている間にしっかりと自分の希望を相手に伝えておきましょう。


2、自己主張を肯定してくれる男性

難しいかもしれませんが、恋愛の主導権を常にあなたが握ることが重要です。いわゆる男を尻に敷くという状態を作ることができればあなたの要望も受け入れてくれることでしょう。結婚前から、付き合った当初から関係性を築き上げましょう。


3、役割分担を理解できる男性

男性の中には自分は仕事をしているのに妻は家でゴロゴロ、なんて考えてしまう人も多いはずです。育児の大変さ、家事の大切さ、栄養のある食事の大切さを重要と考えあなたがしてくれていることに常に感謝の気持ちを持ってくれる男性なら専業主婦への理解も深めてもらえることでしょう。


ではそんな男性いるのかというところですが、これは育てるという考えが必要です。

あなたのことを常に肯定してくれる存在にさせるには、相手にとってあなたはかけがえのないオンリーワンにならなければなりません。時間がとても必要になりますので、ご年齢的に時間がないのはオススメできません。


また結婚相談所であればそういった出会いをサポートすることは可能です。

男性の年収は公開されておりますので一つの条件はクリアしております。

まずははLINEからのご相談をお待ちしております。

24回の閲覧

© 札幌結婚相談所 スマイルマリッジ(Smile marriage)